住宅ローン減税は中古住宅でも大丈夫?

住宅ローン減税は「一定要件に当てはまる住宅を新築、購入または増改築するために住宅ローンを利用した際に受けられる所得税の控除」です。
ですから基本的には新築住宅に適用させる減税制度なのですが、条件を満たせば中古住宅でも適用ができます。
その条件とは、「建築後に使用されたものであること」「マンションなどの耐火建物の場合は取得以前25年以内に建築された物件であること」「耐火建築物でない場合は取得日以前20年以内に建築された建物であること」「いずれの耐火基準に適合していない物件は、平成17年4月1日以降に取得した場合に限り一定の耐震基準を満たす物件」とされています。
この他にも「同居人や親族からの取得出ない事」「贈与目的の取得出ない事」なども付け加えられています。
住宅ローン減税手続き方法は?確定申告書類!【2017年控除額】