つなぎ融資とは?

つなぎ融資とは住宅の新築において、住宅ローンの融資が実行されるまでの間、文字通りつなぎとして一時的に融資を受けることです。
なぜこのようなことが必要になるかといいますと、住宅ローンの本審査には、土地と建物を抵当に入れるという処置が必要になります。
しかしこの抵当に入れるためには、建物が完成していなければダメなのです。
そのため完成するまでは自分で着工費用を用意しなければならないということになります。
とはいえ、そこで自腹で用意できるのであれば、最初から住宅ローンなど利用するはずありませんので、別途資金を調達しなければなりません。
そのために利用するローンがいわゆるつなぎ融資なのです。
したがって完成した住宅を購入する場合は、このつなぎ融資は必要ありません。
フラット35のつなぎ融資のおすすめ銀行は?