ネット証券の利点と欠点は?

インターネットを利便性を活用したネット証券は、簡単に取引が行なえることなどから人気となり、口座開設数が急増するなど利用者が増え、大手の証券会社でも導入しています。
自宅のパソコンや携帯電話で取引ができることから、特に個人の投資家が増加しています。
ネット証券のメリットは、店舗を備えず営業員も配置しないため維持費や人件費の負担がなく、そのぶん従来型の証券会社に比べ手数料が低く設定されています。
また、口座開設費や口座維持費が無料など利用者の負担は軽くなっています。
証券会社では取引時間が営業時間となりますが、ネット証券では時間の制約がなく、24時間いつでも利用可能で、利用場所も問いません。
マイペースでの取引が可能です。
証券取引では情報が非常に重要ですが、証券会社が入手した世界中の最新情報をオンラインで提供されており、取引する上では非常に有益です。
逆にデメリットも存在します。
取引でアドバイスを受ける営業マンや担当者がいないので、口座開設の手続きから取引まですべて自分で行なわなければなりません。
利用している会社のシステムや使用しているパソコンなどのトラブルの発生は、特にディとレーダーのように頻繁に取引をしている場合には不利となります。
最後に、インターネット全般に言えることですが、ウイルスの感染やデータの流失の危険性です。
ウイルスソフトなどによる対策が必要となります。
ネット証券手数料ランキング